-長崎大学・滋賀県立大学との共同研究成果の公表について-


弊社が長崎大学・滋賀県立大学と進めてきた共同研究により、家庭生活に伴って排出されたCO2の都道府県別変動要因を特定しました (共同プレスリリース)。
また、本研究の成果は国際的な学会誌Applied Energyに掲載されています。論文はこちらより 2018年9月13日まで無料でダウンロードできます。

長崎大学・滋賀県立大学との共同研究プロジェクト


弊社は長崎大学の松本健一准教授・重富陽介助教・山本裕基助教、滋賀県立大学の白木裕斗助教と共同で、都道府県別のCO2排出量についてその変化要因を部門ごとに分析する研究を実施してきました。
CO2排出量の要因分解と呼ばれる手法を用い、1990年以降の都道府県別の排出量について変化要因を特定することで、 今後排出削減を進めていくにあたって効果的な政策を明らかにすることを目的としています。

Pick up!


  • 地域E-CO2ライブラリー
  • 専門家インタビュー
  • 環境・エネルギー HOT TOPICS & NEWS
  • Find us on Facebook

株式会社 E-konzal

E-konzalロゴ

〒532-0011
大阪市淀川区西中島3-8-15
EPO新大阪ビル1207号

TEL/FAX:
06-6732-9739(代表)
E-mail:
info@e-konzal.co.jp

サイトマップ


Fun to Share